*

■ 東京都駐車場条例 ■
【内容】  駐車台数算定(激変緩和)・荷捌き台数算定(激変緩和)
【算定結果】  1-最終画面で算定結果確認
          2-即座に結果レポートをメールアドレスに送信
(レポートはテキスト形式の為、Excel・Word・ CAD等に貼付け可能)
■ 使用説明 ■
■ 東京都駐車場条例 台数算定 ■
<手順-1>
     下記の4項目を入力
        1.地域:(駐車場整備地区、周辺地区・自動車ふくそう地区)
        2・地区:(特別区の区域、市の区域)
        3・建物の用途:(非特定用途、特定用途)
        4・面積:(用途別面積:非特定用途及び、特定用途 4種類可能)
<手順-2>
     流れに沿って、ボタンをクリックして、結果を出す。
<算定結果は、2通り用意>
          :最終画面で算定結果確認。
(下記▼最終画面イメージ▼ 参照)
          :自動返信メールにて、ご登録のメールアドレスに即座に結果レポートが送付されます。
           
下記▼自動返信メールのイメージ▼ 参照)
          (レポートはテキスト形式の為、、Excel・Word・CADに自由に、貼付け編集が可能) 
※詳しい説明

▼ 最終画面のイメージ ▼


▼ 自動返信メールのイメージ ▼
■ 東京都駐車場条例 駐車施設及び荷捌施設算定 ■
-------------------------------------------------------------
■ 条件 ■
 □ 地域・地区・建物の用途種類
  ・地  域 = 駐車場整備地区
  ・地  区 = 特別区の区域
  ・建物の用途の種類 = C:特定用途[百貨店その他の店舗]
 □ 建物用途及び用途別面積(※1)
  ・C:特定用途A(百貨店その他の店舗) = 5555.55 u

(※1)用途別面積は、自動車及び自転車の駐車の用に供する部分を除く。
-------------------------------------------------------------
■ 判定結果 ■
 ◇ 駐車施設設置義務の判定 = 対象建築物の面積が、1500uを越え
る。[C単独用途]よって、設置義務・有り・[C単独用途]
 ◇ 駐車施設激変緩和適用の判定 = 対象建築物の延べ面積が、6000
uに満たない。[C単独用途]よって、激変緩和・有り・[C単独用途]
  ・駐車施設激変緩和係数(※2) = 0.98
 ○ 荷捌施設設置義務の判定 = 対象建築物の面積が、2000uを越え
る。[荷捌き]よって、荷捌き設置義務・有り・
 ○ 荷捌施設激変緩和適用の判定 = 対象建築物の延べ面積が、6000
uに満たない。[荷捌き]よって、激変緩和・有り・[荷捌き]
  ・激変緩和係数(※3) = 0.96
-------------------------------------------------------------
■ 台数結果 ■
 ◇ 駐 車 台 数 =====>   22台
 ◇ 荷 捌 台 数======>   3台
□ 台数内訳 □
  ・普通車用車室   3台
  ・小型車用車室   15台
  ・障害者用車室  1台
  ・荷捌車室(普通車車室の内数)   3台
-------------------------------------------------------------
◆ 駐車施設 算定式 ◆
    条件より、250u以内ごとに1台必要。[C単独用途]
    5555.55u÷250u = 22.23台
     激変緩和係数 = 0.98
     22.23台×0.98 = 21.79台
    必要台数(切上げ) = 22台
   (台数内訳)
   ・台数の30% → 22台×0.3 = 7台
   ・障害者用台数 → 1台以上必要なので = 1台
   ・荷捌き用台数 → 下記算定式より = 3台
   ・普通車用台数 → 7台−1台−0台 = 3台
   ・小型車用台数 → 22台−7台 = 15台

注):算定結果台数が、2台未満の場合は、2台とする。
   少数点以下3桁目を切り上げ、小数点以下2桁目で計算し、最後に切り上げ。
● 荷捌施設 算定式 ●
    条件より、2500u以内ごとに1台必要。[C用途]
    5555.55u÷2500u = 2.23台
     激変緩和係数 = 0.96
     2.23台×0.96 = 2.15台
    必要台数(切上げ) = 3台
注):算定結果台数が、10台以上の場合は、10台とする。
   少数点以下3桁目を切り上げ、小数点以下2桁目で計算し、最後に切り上げ。

(※2)激変緩和係数(駐車場施設)
   ・駐車場整備地区等の場合
   1-((1500×(6000-延べ面積))/(6000×(特定用途面積-非特定用
途面積×3/4)-1500×延べ面積))
   ・周辺地区等の場合
   1-((6000-延べ面積)/(2×延べ面積))の式にて算定。
(※3)激変緩和係数(荷捌施設)
   ・駐車場整備地区等の場合
   1-((6000-延べ面積)/(2×延べ面積))
   ・周辺地区等の場合
   1-((6000-延べ面積)/(延べ面積))の式にて算定。
ページ TOP ↑
Copyright (C) 2007-2010 archi-navi All Rights Reserved.